羽子板 破魔弓 全国送料無料

お正月飾りとは

羽子板も破魔弓も赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月に向けて贈られます。

旧暦の十二月から一月の間は十二支により暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり羽子板や破魔弓には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。

なお、新暦の現代では、一般的に十二月中旬から一月十五日位までお飾りするのが一般的なようです。

羽子板・破魔弓を飾る意義

羽子板

羽子板と聞いてだれもがまず思い浮かぶのは「羽根つき」でしょう。室町時代にはこの羽つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして末広がりの形をした羽子板で羽根をつき、その年の平安を祈願したといわれています。羽根の先端の黒い部分を「無患子」といいます。読んで字の如く、「子供が患わ無い」という意味が込められております。

ベビーザらス限定 欅色アクリルカブセケース 「道成寺」15号

破魔弓

破魔弓は「弓で魔を破る」という意味があります。これと関わりが深いものに室町時代から伝わる「鳴弦(めいげん)の儀」があります。これは弓の弧を強く弾き鳴らすことによって、魔除け・邪気払いをするとく大変意味深い儀式です。このように縁起物としてつたえられてきた弓と矢を組み合わせたものが、現代の「破魔弓」の基になっているのです。

黒塗カブセケース「高雅」13号
お正月飾り一覧

お正月

お正月の商品を豊富な品揃え&安心価格で。

このページのトップへ

海外発送/国際配送サービスの転送コム