子どもの「自分で!」を応援するためのおもちゃ選びって?

子どもたちの「自分でやりたい!」の気持ち。
そんな気持ちをサポートするために、おもちゃ選びも工夫してみませんか?

2017/8/28 更新
1歳後半になると、「何でも自分でやってみたい!」という自我やチャレンジ精神が芽生え、自己主張が強くなる時期が徐々に始まります。
この時期に、できる限りやらせてあげる、失敗しても叱らずに見守る、できたらたくさん褒めてあげることで、子どもの成長をより促すことができます。

そんな1歳後半頃の子どもには、何かを作ったり、描いたり、真似をしたりと、自分で「挑戦」と「達成」を繰り返せるおもちゃがオススメです。
自分の手で持ちやすいか、重さや大きさは適当か、簡単すぎない・難しすぎないか、などがおもちゃ選びの重要なポイント。
子どもの手に持ちやすい設計になっていれば、「自分でやりたい」気持ちをサポートしてくれます。

子どものチャレンジ精神をくすぐりながら、自分で行動したり真似したりすることによって、時には失敗をしながら上達していく。
遊びの中でそんな達成感を味わえるおもちゃに出会えると良いですね。
おすすめ商品はこちら
(C)️やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
バンダイ:ブロックラボ アンパンマン はじめてのブロックワゴン
トイザらス通常価格:6,999円(税抜)
大きなタイヤ付きのワゴン型ケースに入ったボリュームたっぷりなブロックセット!人気のキャラクターブロック11体入りで初めてのブロック遊びにぴったり!
パイロットインキ:スイスイおえかき はらぺこあおむし
トイザらス通常価格:3,299円(税抜)
大きなシートの上に、水を入れた専用ペンでお絵描きすると、シートが発色!部屋や洋服を汚さないため、ママも安心。
くもん出版:くろくまくんの10までかぞえてバス
トイザらス通常価格:3,299円(税抜)
ボールをバスに乗せると音声で数を数えてくれる!くろくまくんと仲間たちのかわいいボールで遊びの幅が広がります。
※ それぞれのおもちゃの対象年齢・使用上の注意などを必ず商品ページなどで確認の上、ご使用ください。
※ 掲載の価格は2017年8月28日現在の税抜通常販売価格です。予告なく変更される場合がございます。
※ 商品デザイン・仕様は予告なく変更になる場合がございます。