初めてのブロック遊び。
思わぬ子どもの成長を感じるきっかけに…!

身体や言語能力の発達が見られる2歳以降のおもちゃ選びのポイントとは?

2018/1/12 更新
知育玩具の定番といえば「ブロック」遊び。
遊びながら子どもたちの創造力や表現力を養うことができます。
ブロック遊びが大好きな子どもたちも多く、ハマると長時間つくり続けている。
そんな姿を目にすることもあるのではないでしょうか。

ただ、「飲み込んだらどうしよう…」「まだ上手に遊べるか不安だなあ」と何歳ごろから使い始めるか、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「レゴ デュプロ」なら、対象年齢1歳半から使えるブロックセットが揃っているのです!

「レゴ デュプロ」が小さな子どもにも安心して使える理由は、



…という子どもの成長を応援したいママ・パパ目線のこだわりが詰まっているから。

加えて同じパーツを使っても全く違うものがつくれたり、「でんしゃ」や「こうえん」など、子どもが大好きなテーマでセットになっているのでごっこ遊びがしやすかったりというポイントや、一部の商品は収納しやすいコンテナに入っているから片付けやすいというメリットも。

年齢や子どもの成長に合わせて遊び方がどんどん広がっていくのは、ママ・パパにとっても子どもの成長や変化を感じる機会になるはずです。

子どもの創造性を刺激する「レゴ デュプロ」をぜひ使ってみてくださいね。
おすすめ商品はこちら
レゴ(R)デュプロ
レゴ デュプロ 10863
みどりのコンテナデラックス
"どうぶつでんしゃ"
トイザらス通常価格:3,999円(税抜)
対象年齢:18ヶ月から3歳
大好きな子どもも多い「でんしゃ」がテーマになったセット。

まだまだ自分でブロックを組み立てるなど、細かい作業が難しい1歳半の子どもでも楽しく遊べるような設計になっているだけでなく、動物の特徴などが学べる「学び」の要素も。

動物ごとに色が分かれているから、それぞれの色に分けて組み合わせるだけでいろいろな動物が登場します。

長い鼻が滑り台になった象や実際にあごが動くワニ、口が大きく開くライオンや首が曲がるキリンなど、どれも動物の特徴をおさえたギミックがついており、組み立てるだけでなくごっこ遊びにも最適!

それぞれの動物をクルマ台に乗せたり、つなげて「どうぶつ電車」をつくれば、新しい遊びと学びの世界がもっと広がっていきますね。
レゴ(R)デュプロ
レゴ デュプロ 10864
みどりのコンテナスーパーデラックス
"おおきなこうえん"
トイザらス通常価格:4,999円(税抜)
対象年齢:2歳から5歳
子どもたちが大好きな「こうえん」がテーマになったセットです。

滑り台がついたおうちの「ツリーハウス」や屋根に風車がついた「風車のおうち」がつくれたり…。
同じパーツをつかっても全く違うものをつくることができ、子どもたちの創造力を刺激します。

「レゴ デュプロ」の男女のお人形も入っているので、自分たちが公園で遊んでいる時の様子を想像しながら、楽しくごっこ遊びができますね。
※ それぞれのおもちゃの対象年齢・使用上の注意などを必ず商品ページなどで確認の上、ご使用ください。
※ 掲載の価格は2018年1月12日現在の税抜通常販売価格です。予告なく変更される場合がございます。
※ 商品デザイン・仕様は予告なく変更になる場合がございます。