「手先遊び」が生活習慣にも役立つ!?
1歳から1歳半におすすめのおもちゃとは。

物をつかんだり動かしたり。だんだん手先が器用になってきて…。
子どもの「やりたい!」を応援したい。でもこれは予想外!?

2018/2/12 更新

1歳半頃に育みたい。
「手足の細かな動き」ができるようになるまで

1歳の誕生日を過ぎて、1歳半が近くなってくると、多くの子どもが歩いたり意味のある単語を発したりするようになってきます。

市区町村では、心と身体の発達を検査する「1歳半検診」がある時期でもありますね。 多くの「1歳半検診」で導入されている検査の1つが、「積み木」などを通した手先の運動を測る検査です。

手先がだんだん上手に使えるようになると、ママ・パパなど大人の真似をしたがる時期でもあるので、自分でスプーンやフォークを使いたがることもあるかもしれません。

とはいえまだまだ上手に使えなくても大丈夫。
失敗と成功を繰り返しながら少しずつうまく使えることが増えてくるはずです。

そんな子どもの成長が見られる時期は、手先の発達を促すおもちゃを選んでみませんか?

遊びを通して、だんだんスプーンやフォークを上手く使えるようになったり、他にも自分でお着替えできるようになっていったりと、生活習慣にも役立つ成長も見せてくれるかもしれません。

今回はトイザらスがおすすめする、手先の発達を促すおもちゃをご紹介。
遊びながら手先を動かすおもちゃを選んで、子どもたちの成長をサポートしてみてはいかがでしょうか。
おすすめ商品はこちら
くもん出版
はじめてのソフトパズル
トイザらス通常価格:2,999円(税抜)
対象年齢:18ヶ月から
やわらかい素材で、小さな子どもでも楽しく安心してくり返し遊べる「はじめてのソフトパズル」。 パズルのピースをはめたり外したり、手や指を動かすことで次第に細かな作業を行えるような力が育まれます。

ピタッとはまる気持ちよさが、子どもたちに「できた!」という達成感をもたらし、この達成感がくり返し遊びにつながり、集中力も養えます。
簡単な「○」、「□」の形をはめるところから、動物の形や乗り物の形など、少しずつ難しい形にステップアップ。

パズルは図形の認識力を養うことができるのも嬉しい特徴ですね。
(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
ジョイパレット:アンパンマン
にぎって!おとして!くるコロタワー
トイザらス通常価格:3,499円(税抜)
対象年齢:12ヶ月から
この時期の子どもたちの心を掴んで離さないアンパンマンがモチーフになった「アンパンマン にぎって!おとして!くるコロタワー」は楽しみながら手先遊びができること間違いなし!

ボールを握って離す動きが手先の動きを刺激するのですが、ボールを入れるとポンッと音がしたり、転がるボールに合わせて楽しいメロディやアンパンマンマーチが流れたり…。
イマジナリウム
木製デラックス アクティビティボックス
トイザらス通常価格:5,999円(税抜)
対象年齢:9ヶ月から
好奇心を刺激する遊びが5種類!にぎる、つまむ、めくる、動かすといった手や指先の細かい動きを自然と身につけます。5面すべてに楽しい遊び♪さらにビーズコースターは収納可能です!
イマジナリウム:コロコロできるおおきなブロック
トイザらス通常価格:3,499円(税抜)
対象年齢:12ヶ月から
子どもたちが大好きなブロック遊びで、より手先の動きを刺激するようなひとつ上の遊びを提案。 自分でつくったさまざまな形にレールをつけてボールを転がすことができるので、子どもたちの創造力も育まれそうです。
※ それぞれのおもちゃの対象年齢・使用上の注意などを必ず商品ページなどで確認の上、ご使用ください。
※ 掲載の価格は2018年2月12日現在の税抜通常販売価格です。予告なく変更される場合がございます。
※ 商品デザイン・仕様は予告なく変更になる場合がございます。