フラディア グロウ -Fladea grow-

健やかな発育を3ステップで守るアップリカの回転式チャイルドシート

Aprica

フラディア グロウ ぐんぐん伸びるたいせつな成長期を、やさしくしっかり守ってあげたい。

3ステップ:Grow1平らなベッドでゆっくり[新生児から1歳頃まで]、Grow2足が伸ばせてゆったり[首すわりから1歳半頃まで]、Grow3大きくなってもしっかり[1歳から4歳頃まで]

平らなベッドでぐっすり

平らなベッドでゆっくりイメージ

新生児から1歳頃まで

Grow 1

アップリカならグラグラな
首と頭を守る、安心の「平らなベッド」

まだ首や腰がすわってないからだをまっすぐに寝かせてあげられる平らなベッド。
大きくて重い赤ちゃんの頭と首を安定させ、気道を圧迫せず、腹式呼吸を妨げない理想的な姿勢です。

同志社大学赤ちゃん学研究センター センター長 小西行郎先生

同志社大学赤ちゃん学研究センター センター長 小西行郎先生
赤ちゃんの姿勢は呼吸や脳血流に影響しやすい

首のすわっていない赤ちゃんは姿勢の変化に『対応する能力』が弱いため、立位を取らせると呼吸がしにくくなったり、脳血流に影響を与える可能性があります。チャイルドシートにおいても首がすわるまでは、平らな姿勢の方が呼吸が安定し、医学的にはもっとも安定している姿勢と言えるでしょう。

  • 車の中でも赤ちゃん特有の
    のびのび姿勢で過ごせます

  • NEW ベッド時は、ドア側からの衝撃を軽減
    ※アップリカ調べ(HIDX、DXのみ)

  • 赤ちゃんもママも見つめあえるから安心イメージ

    赤ちゃんもママも見つめあえるから安心
     

  • 上半身はW型、下半身はM型の自由に手足が動かせる「ダブル台形シート」イメージ

    上半身はW型、下半身はM型の
    自由に手足が動かせる「ダブル台形シート」

  • 赤ちゃんに負担がかかりにくい姿勢で
    カンタン乗せおろし

足が伸ばせてゆったり

足がのばせてゆっくりイメージ

前すわりから1歳半頃まで

Grow2

この時期の運動学習を考慮した、
ゆったり「レッグルーム」

首がすわってきたら、足を自由に動かせる、ひろびろとしたスペースを確保した後ろ向きに。
手足の運動学習が活発になるこの時期の自発運動を妨げません。

びわこ学園医療福祉センター草津 理学療法士 高塩純一先生

びわこ学園医療福祉センター草津 理学療法士 高塩純一先生
足を自由に動かせることは運動発達をサポートする

首がしっかりしてくると赤ちゃんは様々な動きをします。これを運動の多様性と言い、将来必要な目的に合った運動を獲得するために必要な動きです。従来の後ろ向き装着では、赤ちゃんが脚を曲げた姿勢になりがちでしたが、足元スペースが十分確保されていると赤ちゃんがこの時期に必要な運動学習を支援でき、太ももがお腹を圧迫し呼吸に影響を及ぼす心配もありません。

  • この時期特有の足の動きを妨げないゆったり
    スペースを確保。(HIDXのみクッション付)

  • よく眠るお子さまのために、眠くなったら
    「平らなベッド」へと「選べるシート」

  • 正面の回転レバーで乗せたまま、
    くるっと360°回転のママらく「乗せおろし」
    ※1段目(前向き・後ろ向き専用角度)でのみ360°回転

大きくなってもしっかり

大きくなってもしっかりイメージ

1歳頃から4歳頃まで

Grow3

骨格を安定させ、姿勢を崩れにくくする
「デプスアジャスター」

大きくなったら、前向きで姿勢をサポート。座面の奥行きが足の長さに合わせて調整できるので、姿勢が崩れにくく快適にすごせます。

湖光会いしやま内科整形外科 副院長 共田義秀先生

湖光会いしやま内科整形外科 副院長 共田義秀先生
座る姿勢は背骨の発育に影響しやすい

お尻が前にずれたり、崩れた姿勢で座っている赤ちゃんを時々みかけますが、長時間にわたると背骨の発育に好ましくない影響を及ぼす恐れがあります。チャイルドシートにおいても,サイズ調節ができたり、姿勢が安定する工夫など、赤ちゃんが小さいころから発達段階に応じた自然な姿勢で座れるような配慮が大切です。

  • ぐんぐん成長する骨格を考慮した設計で
    正しい姿勢をサポート

  • NEW 足の長さに合わせて調整。フットレストもふくらはぎを支え、疲れを軽減(HIDX、DXのみ)

  • 成長に合わせてレバーひとつで5段階調整可能。
    背骨の発育を快適に支えます

フラディアグロウの機能一覧

安全性マーク安全性

独自の実証実験で、より安全性を追求した構造設計。

  • ショックキャッチ構造イメージ
    ショックキャッチ構造

    万が一の時に、シート部分が振り子のように動き、赤ちゃんへ伝わる衝撃を軽減。(特許出願中)

  • 衝突も考慮した設計イメージ
    衝突も考慮した設計

    前突だけでなく、側突も考慮した設計で自社において側突確認試験を実施し、その安全性を確認しています。

快適性マーク快適性

熱がこもりにくく、ムレにくい爽快な乗り心地。

やわらかクッションイメージ、サーモメディカルシステムイメージ
やわらかクッション

背中やおしりに熱がこもらないよう、身体が触れるクッション部分に通気溝があり、ムレを軽減。

サーモメディカルシステム

大人より体温が高めの赤ちゃんのために、ボディに通気口を設け、熱がこもりにくい構造を採用。

フレックスシェードイメージ
フレックスシェード

日差しから赤ちゃんを守り、車の中でも快適な睡眠環境を守ります。
(HIDX、DXのみ)※メッシュ部78%

使いやすさマーク使いやすさ

  • ママらく「乗せおろし」イメージ
    ママらく「乗せおろし」

    赤ちゃんを乗せたまま、くるっと360°回転できるから、乗せおろしがカンタン安心。
    ※1段目(前向き・後ろ向き専用角度)でのみ360°回転

  • ママらく「リクライニング」イメージ
    ママらく「リクライニング」

    片手でサッと操作できる構造で、発育に合わせて角度調整がカンタン。
    ※1段目:前向き/後ろ向き・2段目:後ろ向き・3段目:横向きベッド専用

  • ママらく「取り付け」イメージ
    ママらく「取り付け」

    イージーベルトロックシステムでしっかり固定でき、取り付けもカンタン。

  • シートはカンタンに取り外せるイメージ
    簡単にはずして洗える

    シートはカンタンに取り外して、手洗い可能。特に汗をかきやすく汚れやすい座部、背部のクッションは、洗濯機で洗えます。(ネット使用)

fladeagrowシリーズ機能比較表

フード 肩パッドカバー ヒップインナーシート レッグルーム フットレスト

HIDX

フレックスシェードDX

肩パッドカバーあり

ヒップインナーシートDX

レッグクッションHIDX

フットレストあり

DX

フレックスシェードSTD

肩パッドカバーあり

ヒップインナーシートSTD

レッグクッションなし

フットレストあり

STD

肩パッドカバーなし

レッグクッションなし

フットレストなし
海外発送/国際配送サービスの転送コム