抱っこ紐の選び方

忙しいママ・パパをサポートしてくれるアイテム、抱っこ紐。お出かけから寝かしつけまで大活躍すること間違いなし。毎日の抱っこがぐっと楽しくなる、自分に合った抱っこ紐選びをお手伝いします。

抱っこ紐の種類

抱っこ紐は大きく分けて3種類あります。
デザインやカラーもたくさんあるので、お店で試着して選んでみるのがおススメですが、まずは自分のスタイルに合ったタイプを選んでみましょう。

\1つは持っておきたい!抱っこ紐/

\こちらのタイプもおすすめ!/

たて抱きのみのタイプ

新生児~たて抱きタイプの特徴

もっともスタンダードな抱っこ紐。肩と腰で負担を分散してくれる腰ベルト付きのタイプは、長時間のお出かけもらくちん!色やデザイン、素材のバリエーションが豊富なのも魅力です。

もっとみる

よこ抱きもできるタイプ

新生児~よこ抱きもできるタイプの特徴

まだ首がすわらない新生児期から使用することができます。 その後は、ベビーの成長に合わせて、たて抱っこ、前向き抱っこ、おんぶと4WAYで長期間活用できる多機能タイプ。

もっとみる

スリングタイプ

1枚の布でベビーをすっぽり包み込むスリングは、ダントツの密着度。フリーサイズなのでパパと共用もOKです。かさばらないため、折りたたんでバッグに常備しておくママも多いです。

もっとみる

ラップタイプ

ラップタイプの抱っこ紐の特徴は、赤ちゃんとの密着度が高く、赤ちゃんを包み込むように抱くことができる点です。
赤ちゃんを布の面で支えるラップタイプは、抱っこする人の体の負担を軽減すると共に、体が密着することによって、赤ちゃんがリラックスする状態で過ごせるといわれています。コンパクトに持ち運びしやすいのも特徴です。

もっとみる

おんぶ紐

おんぶ紐の特徴は、両手が自由になる点です。まだ目が離せない赤ちゃんを背負いながら家の中の用事などが行えるのが大きなメリット。おんぶはママにも赤ちゃんにも負担がかかりにくく、長時間のお出かけにもおすすめ。

もっとみる

ヒップシート

ヒップシートは抱っこ紐と違い、お子さまのおしりを乗せる台座がついているのが特徴です。抱っこしたりおろしたりするのがしやすく、お子様が歩き出す月齢になったらおすすめです。

もっとみる

先輩パパ・ママに聞いた!Q.それぞれのタイプの買って良かったポイントは?

たて抱きのみのタイプ

たて抱きのみのタイプ

Answerサポート力がバツグン!

肩と腰ベルトでしっかり負担を分散させてくれるタイプを購入。長時間の外出でも本当に疲れないので、助かっています。
(あやこママ 27才)

Answerフルメッシュタイプで快適

購入時にアドバイスをもらい、通気性の良いフルメッシュタイプを選びました。たて抱きの抱っこ紐は熱がこもりやすく、自分も暑がりなので心配したのですが、大正解でした!
(仁パパ 43才)

よこ抱きもできるタイプ

よこ抱きもできるタイプ

Answer赤ちゃんが快適そう!

退院時や1ヵ月健診など、お産直後から使うので、たてに抱くのが少し不安だった私は、よこ抱きもできるタイプをチョイス。寝ている時間が多い新生児期のよこ抱きは、赤ちゃんがとっても心地良さそうでした。
(かほママ 25才)

Answerいつでも顔を合わせられる安心感

よこ抱きタイプは、赤ちゃんから常にママ・パパの顔が見えるので、安心して眠ってくれます。あやすときでも、表情がわかるので買って良かったです。
(剛人パパ34才)

スリングタイプ

スリングタイプ

Answerサブ抱っこ紐としても!

スリングは、とにかくお手軽感が良いです。持ち運びしやすいし、お値段もリーズナブルなので、サブアイテムとして常に持っています!
(さなママ 26才)

Answerおしゃれなスリングはパパでも◎

ラフでスタイリッシュなデザインが多いので、男性でもおしゃれする感覚で使えます。密着度が高いせいか、いつもスヤスヤ寝てくれてかわいいです。
(悠仁パパ 33才)

今売れている!おすすめ抱っこ紐

人気の抱っこ紐をチェック!

もっとみる

抱っこ紐と一緒におすすめ!人気オプションアイテム紹介

抱っこ紐を1本持っておくだけでも便利ですが、それ以外でも一緒に使うと便利さが増すアイテムがあります。こんな時はどうすればいいの?と感じたときに揃えておくと良いかもしれません。抱っこ紐と一緒に使うと便利なアイテムをご紹介します。

人気オプションアイテムを探す

今回は、おすすめの抱っこ紐やその他のアイテム、種類、選び方を解説しました。種類がたくさんあって迷うかもしれませんが、しっかりと選ぶことで赤ちゃんも快適に過ごすことができます。ぜひこの記事を参考にあなたにピッタリの抱っこ紐を探してみてくださいね。