チャイルドシートの選び方

車でのお出かけに欠かせないチャイルドシート。退院する時から必要になるので、入院するまでに、ライフスタイルに合うタイプを選んでおきましょう。

チャイルドシートの種類

新生児から12か月頃までの「ベビーシート」、もっともラインナップが多い新生児から4才頃まで使える「ベビーチャイルド兼用シート」、法的使用義務期間(6才未満)を1台でまかなうことができる「ロングユースタイプ」の3種類があります。

0歳から使用するタイプ

0歳(新生児)から使用できるチャイルドシートは、使用期間で以下3つのタイプに分けることができます。

0歳~1歳頃までベビーシートの特徴

使用期間は約1歳までなので3タイプの中では最も短いですが、ベビーシート、ベビーキャリー、ラック&チェアの使い方ができます。ご自宅でゆりかごとして使用していて、寝てしまった赤ちゃんをシートに乗せたまま車に移動することができるので赤ちゃんを起こす心配が少なくなります。
また、その逆で乗車中に寝てしまった赤ちゃんを起こすことなくご自宅へ移動させることもできます。
メーカーによりますが、ベビーカーとドッキングできるタイプもあります。
法的義務期間を考慮すると1歳から使用できるタイプへの買い替えが必要となります。

こんな人におすすめ!

  • 駐車場まで遠くてベビーカーと兼用したい

もっとみる

0歳-4歳頃までベビーチャイルド兼用タイプの特徴

新生児から使用できるチャイルドシートの中では最も豊富なラインナップで、ライフスタイルに合わせた商品を見つけやすいタイプです。
対応車両に取り付けが簡単なISOFIXタイプ、乗せおろしに便利な回転ベッドタイプ、移動が楽な軽量タイプなどがあります。
法的義務期間を考慮すると3歳~4歳頃に3歳から使用できるジュニアシートへの買い替えが必要となります。

こんな人におすすめ!

  • 複数台車を所有している、実家に帰省した時も使用したい!など、ライフスタイルに合わせて選びたい!

もっとみる

0歳-7歳頃までロングユースタイプの特徴

法的使用義務期間(6歳未満)を一台でまかなうことができるので経済的です。ただし、長期間を一台で使用し続けるため、使用頻度が多いとシートの汚れやほつれ等を生じる可能性があり、使用頻度の少ない方におすすめのタイプです。
ロングユースタイプの中には、法的義務期間以降の使用も可能な12歳頃まで使用可能なタイプもあります。

こんな人におすすめ!

  • 使用頻度は少なめ
  • 長く使いたい!

もっとみる

1歳から使用するタイプ

1歳頃(体重9kg~)から使用するチャイルドシートは、最もラインナップが豊富で様々なメーカーやカラーなどから選ぶことができます。ライフスタイルや、お子さまの固定方法、機能からぴったりのチャイルドシートを選びましょう。使用時期は体重を基準として下さい。

ライフスタイルから選ぶ

お子さまの固定方法から選ぶ

機能から選ぶ

保管場所にも困らない!コンパクトタイプの特徴

シートサイズが他のタイプに比べてコンパクトなので、軽自動車や小型車で使用しても圧迫感が少ないのが特徴。
使用しないときはコンパクトに折りたたむことができるので、トランクへの収納や、ご自宅での保管場所に困りません。また軽量なので複数の車があるご家庭は載せ替えの負担も軽減されます。

こんな人におすすめ!

  • 自宅での保管場所が気になる
  • 複数の車で載せ替えたい

もっとみる

子どもが大きくなったら手軽に使いたい!ブースターに変形できるタイプの特徴

使用期間が1歳~11歳頃と、車のシートベルトをそのまま使用できる身長(140cm)になるまでの期間をカバーしてくれます。
成長に応じて3ステップで使用することができ、3歳以降では背もたれがついた「ハイバックタイプ」と座面部分だけを残した「ブースタータイプ」のジュニアシートとして使用することができます。

ハイバックタイプとブースタータイプ(使用しない時はトランクへ収納しておくことも可能!)

こんな人におすすめ!

  • 子どもが小さい時はより安全に、大きくなったらより手軽に使いたい!

もっとみる

しっかりフィットでより安全にハーネス式

ハーネス式チャイルドシートは、ハーネスがお子さまの身体にしっかりとフィットして身体を固定できるため拘束しやすく、体にかかる負担を分散し、より安全にお子様を拘束します。

ハーネス式

もっとみる

肩ベルトが苦手なお子さまにインパクトシールドタイプの特徴

インパクトシールド式チャイルドシートは、お子さまをベルトで直接締め付けず、上面がラウンド形状の拘束装置を介して、お子さまが飛び出すことを防ぐことができます。ベルトでお子さまを固定しないため、肩ベルトを嫌がって走行中に肩からベルトが抜けてしまうようなお子さまには安心です。

インパクトシールドタイプ

こんな人におすすめ!

  • 肩ベルトが苦手なお子さま

もっとみる

首カックンを防ぐ!リクライニングタイプの特徴

リクライニング機能がついたチャイルドシートは、リクライニング角度が大きいので、ドライブ中に寝てしまった時の”首カックン”を防ぐことができます。

もっとみる

3歳から使用するタイプ

3歳頃(体重15kg~)から使用するジュニアシートは、「ハイバックタイプ」と「ブースター」のタイプに分けることができます。使用時期は体重を基準として下さい。

通気性が良く快適♪ハイバックジュニアシートの特徴

お子さまの背中が車のシートに直接触れないための通気性が良く、汗をかいても蒸れにくく快適に座っていることができます。
背もたれ幅の車のシートより小さく、子供が座っても安心感があり、寝てしまっても正しい姿勢を保ってくれます。
ベルトガイドがついているので、体格の小さいお子様でもベルトが首にかからず安心です。

こんな人におすすめ!

  • 体格に合わせた正しい位置でシートベルトができる
  • 寝てしまった時でもヘッドレストで頭をサポートできる

もっとみる

持ち運び簡単!手軽に使える!ブースタータイプの特徴

背もたれ部分がない分、重量が軽く、持ち運びの負担がありません。コンパクトサイズなので、使用しないときに自宅や車のトランクで保管をしてもスペースを圧迫しません。

こんな人におすすめ!

  • 手軽に使いたい!
  • 自宅での保管場所が気になる

もっとみる

チャイルドシートの装着方法

チャイルドシートの装着方法は、ISOFIXタイプBELTタイプの二通りあります。

ISOFIXISOFIXタイプ

ISOFIX専用コネクタを、車の座席の金具にはめ込んで固定するタイプ。ママひとりでも取付けが簡単。

BELTBELTタイプ

チャイルドシートに車のシートベルトを通して固定するタイプ。幅拾い車種に対応し、価格帯も豊富なのが魅力。

シートのタイプ

回転型

シートが回転し、正面に向けられるので、乗せ降ろしがしやすいタイプ。

回転型

回転ベッド型

シートが回転し、さらにフラットになるので、ベビーの腹式呼吸を妨げません。

回転ベッド型

固定型

回転しない分、軽量で、車から車への付け替えがしやすいです。

固定型

チャイルドシートの安全基準は?

日本では2006年に欧州安全基準「R44/04」が導入されました。その次世代基準となる「R129」が近年導入され、現在、2つの基準のチャイルドシートが販売されています。

\最新の安全基準/
R129※1
R44/04※2
衝突試験 前後

ドア側からの衝突
前後からの衝突
使用期間の基準 身長に合わせる 体重に合わせる
シートの向き 15ヵ月未満まで
後向きシート※3
12ヵ月未満まで
後向きシート※4
  • ※1UN-R129とは、「国連の車両・装置等型式認定相互承認協定」に基づく改良型幼児拘束装置に関する規則
  • ※2UN規則No.44(幼児拘束装置)
  • ※315ヵ月未満の幼児に対して前向き使用禁止
  • ※4体重9kg(12ヵ月頃)まで前向き使用禁止

チャイルドシートはいつからいつまで義務付けられている?

法的な義務は?

道路交通法上、6歳未満(6歳の誕生日を迎えるまで)のお子様はチャイルドシートの装着が義務付けられています。

ママの抱っこではダメ?

クルマが時速40Km/hで衝突した場合、車内の乗員や子どもには自分の重さの約30倍の力がかかると言われています。つまり約5.5kgの赤ちゃんでは、瞬時に約150kgの重さが加わり、ビルの三階から車ごと落下させたときと同じ衝撃となり、ママが抱っこしていても支えることはできません。また、後ろの席でチャイルドシートを使用しない子ども達は、自分自身で安全を確保することができません。チャイルドシートを使用していれば事故の衝撃から身を守ることができるばかりでなく、同乗者との二次衝突も防ぐことができ車外放出の心配も少なくなるのです。

6歳を過ぎたらチャイルドシートは使わなくていいの?

車のシートベルトは身長140cm以上の人間を対象に作られているため、6歳になったからといって、チャイルドシートを使用せずシートベルトを使用すると首にかかってしまい、もしもの時に危険です。
身長が140cmに達するまではお子さまの安全のため、チャイルドシートを使用しましょう。

先輩パパ・ママに聞いた!Q.チャイルドシートは何を基準に選んだの?

ISOFIX 安全性をとにかく重視!

私ひとりで正しく設置できるか不安だったので、取付けがかんたんなISOFIXを選びました。回転するタイプで、乗せ降ろしもラクで助かってます!

BELT 軽くて車種を選ばないから!

車をママと別々に所有しているので、乗せ替える必要があるのと、古い車のため、どんな車種でもO Kで、比較的コンパクトなシートベルト固定タイプを選びました!

今売れている!おすすめチャイルドシート

ベビーザらスで人気のチャイルドシートをチェックしよう!

もっとみる

チャイルドシートと一緒におすすめ!人気オプションアイテム紹介

人気オプションアイテムを探す

今回は、おすすめのチャイルドシートの種類や選び方を解説しました。ぜひこの記事を参考にしてあなたにピッタリのチャイルドシートを探して下さいね。